電力自由化と太陽光の関係性

2016年から電力自由化になり、これまでは電力会社がすべて管理して販売してきました。
その理由は日本各地に安定して電気を供給するために、国が管理をしてきたからなのです。
しかし、2013年に「電力システム改革法」が成立し、2016年からは電気事業者が料金を自由に設定して供給することになりました。
そうなった場合役に立つのが、太陽光発電システムです。

自家消費用途で電力を生み出すことができる太陽光発電システム。太陽光発電は太陽が出ている限り有効です。さらに蓄電池を購入しておけば
24時間発電した電力を無駄なく利用できることができるのです。
それは雨や曇りの場合でも変わりません。

そうすれば民間の電気事業者の影響を大きく受けずに自分たちで作った電気
で生活することができるからです。
電力自由化に備えて太陽光発電システム、蓄電池の導入の検討をおすすめします。