太陽光のメリット・デメリット

太陽光発電を導入するにあたってメリット

・電気代が節約できる
・CO2を排出しないからエコな暮らし
・売電収入を見込める
・停電時や非常時に電気が使える
・節電意識が高まる
・メンテナンスが必要ない
・補助金をもらえる
・設置場所を選ばない

上記のように考えられるメリットはたくさんあるのですが、なかでも
最大のメリットといえば、自分の家で電気を作れるということです。
そして余った電気を電力会社に売ることができるのが魅力です。蓄電池があれば
電気を貯めて使うこともできるのです。
メリットばかりでもなく太陽光は費用が高かったり、天気のよっては発電量が左右
されてしまうなどデメリットもあります。

・設置費用の高さ
・日々の天候によって太陽光の発電量に差が出る
・売電価格の変動がある
・詐欺や悪徳業者が多い

やはり、デメリットとして挙がるのは、設置費用の高さです。
初期費用には200万円ほどかかります。
となると、頭金やローンを組まなければいけなかったりします。
太陽光は地域や天候、屋根の向きや日射量によって大きく差がでます。
設置を考える場合は、事前に調査が必要です。。
2014年度の売電価格は37円ですが、2015年度は32円です。
今後も下がる可能性があります。ですが売電価格がさがったとしても、
大きなデメリットはありません。最近のモジュールは故障しにくくなっていたり、保証期間ものびています。32円だとしても11年や12年で設置費用分は回収でき、それ以降は売電した部分がすべて収入に代わります。導入するならば、今後も売電価格が下がる可能性があるにで早めに導入されるほうがおすすめです。